Windows10-ハードディスクをエラーチェックする

ハードディスクがシステムのエラーや不良セクタ(物理的に破損してデータが記録できなくなってしまった領域)などの問題があり様々な動作が正常に完了できなくなることがあります。このような場合にハードディスクのエラーチェックを行うとこの様々なエラーを解決できることがあります。
パソコンの正常を保つために定期的にエラーチェックすることが大事です。
エラーチェック中にほかの操作やソフトの使用をすると時間がかかったり不具合が発生することがあります。
このエラーチェック操作を画像付きで分かりやすく説明します。

 

① 白矢印部分のスタートを左クリック。

トップページスタート

 

② すべての項目の白矢印部分でWindowsシステムツールを左クリック。

スタートシステムツール

 

③ Windowsシステムツール内のPCを左クリック。

システムツールPC

 

④ Windowsのマークが付いたローカルディスクを左クリック。

ローカルディスク

 

⑤ 白矢印部分のプロパティを左クリック。

ディスクプロパティ

 

⑥ ローカルディスクのプロパティが開きます、下画像の①ツールタブを左クリックし次に②のチェックを左クリック。

ツールチェック開始

 

⑦ 白矢印部分のドライブのスキャンを左クリック。

ドライブスキャン

 

⑧ 白矢印部分のようにスキャンが開始されます、しばらく時間がかかります。

スキャン中

 

⑨ スキャンが終了です白矢印部分の閉じるを左クリック。

スキャン完了

 

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です