Windows10-スタート画面に表示するフォルダーの表示・非表示

Windows10では、スタート画面に表示するフォルダーを自分で設定することができ、より自分の使いやすい状態にすることができます。そのスタート画面に表示したり非表示したりする操作を画像付きで分かりやすく説明します。

① 左下の白矢印部分のスタートボタンを左クリック。

トップからスタートボタン

② 白矢印部分のギザギザの形をした設定ボタンを左クリック。

スタート・設定ボタン

③ 白矢印部分の個人設定えお左クリック。

背景、ロック画面、色

④ 左側の白矢印部分の項目でスタートを左クリック。

設定・スタート

⑤ スタート画面の設定が出てきます、白矢印部分のスタートに表示するフォルダーを選ぶを左クリック。

スタート表示詳細設定

⑥ ここに表示・非表示の設定が可能な項目が出てきます、下画像で青が表示状態で白が非表示状態です、その青や白の部分を左クリックでオンオフが可能です。

表示フォルダー選択

⑦ 上画像で青の部分が表示状態ですのでオンにした部分は下画像の白矢印部分にこのように表示されます。

設定完了状態

アイコンとそのアイコンの詳細、表示・非表示が可能の項目

ドキュメントドキュメント
ダウンロードダウンロード
ミュージックミュージック
ピクチャピクチャ
ビデオビデオ
ネットワークネットワーク
個人用フォルダー個人用フォルダー
エクスプローラーエクスプローラー

設定設定

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です